独り言つ - 美味しい和菓子のお土産、ヒトの移植用に生まれる命の重さ

これまた母のお土産。

東京クリーム大福、天と塩。

フラワーパークからの帰り道に寄ったというSAで白と抹茶の二種類を買ってきてくれた。

白はクリーム入り豆大福、緑は抹茶クリーム入り抹茶大福。

東京で採れた食材を使った東京土産として開発された本品には、伊豆大島の名産品「海の精」という海塩が使われているそうだ。

個人的には、白いクリーム大福がおすすめ。

(画像ありません、、悪しからずm(_ _)m

北海道十勝産の小豆を使った餡とクリーム、お餅、いずれもとろ~りトロける柔らかさ。

抹茶はちょっと固めかな。

冷凍状態で販売されているので、解凍しなければそのまま一年ほど持つらしい。

解凍後は三日以内にお召し上がりを。

解凍品で冷蔵庫保存なのに皮が固くならないのが良い。

これからの暑い時期、冷やしぜんざいならぬ、冷やし大福としても楽しめそう。

 

お土産と言えば、先月、草津温泉に行った母が買ってきてくれた「ちちや」の温泉饅頭が美味しかった(画像を撮り損ねてしまったのが悔やまれる、、、)。

オンライン販売していないらしく、草津に行かないと食べられないみたい(泣)

温泉饅頭って買ったり貰ったりでよく食べるけれど、ちちやさんのものは、文字通り皮はしっとり、餡はねっとりしていて、丸みのある優しい上品な甘さが印象的。

おまんじゅうは、栗あんをこしあんで包んだ二色餡を白い生地で包んだ「二色まんじゅう」と黒糖生地につぶあんが入った昔ながらの「茶まんじゅう」の二種類。

どちらも甲乙つけがたい美味しさ。

生菓子扱いで真空パック包装もしていないので日持ちはしない。

食べ終わってまたすぐに食べたくなる味、、、

草津ぅ~(遠い・・・)

www.honke-chichiya.com

 

☆...☆...☆...☆...☆

 

きょうの朝刊にまた不穏な記事が載っていた。

人の皮膚をもつマウスを作り出したという。

まずはゲノム編集で皮膚の成長に必要な遺伝子のないマウスの受精卵を作製。

この受精卵を移植して妊娠させたマウスの羊水に人の皮膚のもととなる幹細胞を注入したところ、人の皮膚をもつマウスが出来たそうだ。

やけどなどで皮膚が損傷した患者の移植用などのために妊娠期間が長いブタなどを使って高機能な人の皮膚を大量に作製できるとみている、らしい。

つい先日、臓器移植用に遺伝子を改変したブタのニュースが出て、結構な衝撃を受けたばかり。

映像でみた片手で持てるほどの小さな子豚二頭は、身体を震わせながら一生懸命に息をしていた。

たとえ人工的だろうと授かった生に真摯であろうとしている小さな身体から、容赦なく腎臓を取り出そうなんて、あくまでも個人的には、何処の悪魔の入れ知恵かと思ったほど。そこまでして人を優先させるのかと不快感しか残らなかった。

そして、皮膚。

皮を剥がれるために生まれてくる命か、、、

重苦しい。

【映画】無料公開4作品 / ジョナサン、心霊ドクター、ギリシャに消えた嘘、大いなる遺産

母のお土産。

初夏の訪れを感じさせる笹の緑が目に眩しい。

葉を開くと、つるん、ぷりんとした柔らかなミルクグリーンの葛練り

弾力のあるもっちりとした食感。

抹茶の爽やかな風味が暑くなってきたいまの時期にぴったり。

和菓子、大好き。

 

さて、youtubeで無料公開中の映画をいくつか観たので備忘録。

ちなみに無料なので文句はいえないけれど、広告の量が半端ない。

これでもか、これでもかと広告が出てくる ( ̄▽ ̄)

 

以下、最近観た四作品。

「ジョナサン ふたつの顔の男」

「心霊ドクターと消された記憶」

ギリシャに消えた嘘」

「大いなる遺産」

 

【※以下、ネタバレにお気をつけください。】

 

「ジョナサン ふたつの顔の男」

2018年公開のアメリカ映画。

ひとつの身体に宿る二つの人格。

ひとりは午前7時~午後7時までを生きるジョナサン。

几帳面で内向的な性格、建設会社に勤務している。

もうひとりは午後7時~翌朝7時までを生きるジョン。

明るく社交的で、くだけた人柄という印象。法律事務所に勤務。

夜空の月のようなジョナサンが昼を生き、真昼の日差しのようなイメージのジョンが夜を生きる。

赤ん坊の頃、親に捨てられた「彼ら」。

親代わりのような女性医師が脳にタイマーを埋め込み、24時間をふたりで分け合い生きられるようにした。

それぞれ眠りにつく前にビデオをまわし、覚醒している間に起きた出来事を録画して共有する。

ふたりの間には、嘘をつかない、恋人を作らないといった幾つかのルールがある。

兄弟のように、いや、兄弟以上にお互いを想い、労わり合いながらうまく生きてきたふたりの間に変化が訪れる・・・。

 

一言でいえば、切ない。

思い出すと、いまだに胸の奥がきゅっと縮む。

 

物語は終始、ジョナサンの視点で描かれており、ジョンはビデオメッセージのなかに出てくるのみ。視聴者には彼のリアルに触れる機会はない。

にもかかわらず、判で押したような生活を送るジョナサンより、リアルが見えないジョンの方がなんとなく身近な存在に感じる。それはたぶん、彼がジョナサンに対して隠し事をしたからだと思う。

陰と陽のようなふたりがひとりの女性に出会う。

そして、ジョナサンの心にさざ波が立つ。

影法師は太陽がなければ生きられない。

切ないラスト。

 

「心霊ドクターと消された記憶」

2015年公開、豪映画。

事故で娘を亡くした悲しみから立ち直れずにいる精神分析医の男性。

ある日、彼の前に現れた一人の少女が残したメモから、彼のもとに通う患者達がすでに他界した人々であることを知る。なぜ彼らはやってくるのか、、、その秘密を探り、辿り着いた事実、忘却の彼方にあった記憶が見せたものとは・・・(怖

タイトルをみてB級ホラー映画なのかと思ったが、主演が「戦場のピアニスト」という作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞した俳優さんだったので興味をそそられた。

内容は、当初、結局ホラーなの?と思われたが、徐々にその背景にある事実が明らかになり、じつはミステリーだったという感じ。

とはいえ、ホラー的なシーンも多いので、それが苦手な人にはちょっとアレかもしれない。

うぎゃー!なホラーシーンを耐え忍んだ先にミステリーが待っているので。

原題は、“来た道を引き返す”という意味合いを持つ「Backtrack」。

内容を的確に表現したタイトルだと思うので、このままカタカナでバックトラックにしても良かったような気がしないでもない。

「心霊ドクター」という文言にB級臭が漂っているように思うのだけれど、かといって内容はA級とはいえないし、ホラーが苦手な人は敬遠しそうなので、まあそれなりに的を射たネーミングなのかな。

 

 

ギリシャに消えた嘘」

2014年公開、米、英、仏の合作映画。

キルスティン・ダンストが出ていたので観た。

相変わらず、凄い美人ってわけではないのにとっても魅力的なキルスティン・ダンストが良い。

ギリシャでツアーガイドをするアメリカ人青年が、旅行者であるアメリカ人夫婦に関わったことで事件に巻き込まれていくサスペンス。

キルスティンはアメリカ人夫妻の妻役。

三人寄っても文殊の知恵は出てこない。出てきたのは疑心や嫉妬、そして悲劇。

登場人物は少なく、派手な演出もないが、その分、役者の表情や台詞回し、間合い等、技量が問われる作品だったように思う。ストーリーはテンポよく、ハラハラさせる展開で飽きさせない。

ツアーガイドの青年ライダルを演じたオスカー・アイザックも、夫婦の夫チェスター役のヴィゴ・モーテンセンも良かった。

でもちょっと寂しくなる。

結局、人間って関われば関わるほど情が湧くというか、、、

「情」ってどこから湧いてくるの?手に負えないと感じるときもある。

振り回されてうんざりしているのに、ぐちゃぐちゃに踏み荒らされた心が均されてしまう。

困ったもんだ。

 

 

「大いなる遺産」

2012年公開のイギリス映画。

主演は知らない俳優だったが、ヘレナ・ボナム・カーターレイフ・ファインズの名前につられて視聴。

原作は英の文豪ディケンズの同名小説。

舞台は19世紀イギリスの田舎町。

主人公は、両親を亡くし、恐ろしくヒステリックな姉と、その旦那で心優しき鍛冶屋のジョーと一緒に暮らす少年ピップ。

ある日、両親が眠る墓地で脱獄犯に出くわしたピップ。半ば脅されるかたちで食料とやすりを渡してしまう。その後、脱獄犯は追手の警察に捕らえられ、連行される。

別の日、近所の豪邸で暮らすミス・ハヴィシャムに招かれ、彼女の養女であるエステラという少女に出会う。レディとして育てられ、お高くとまるエステラだが、ピップは彼女に惹かれ、恋心を抱くようになる。

月日が流れ、青年になったピップはジョーの鍛冶屋を手伝っている。

ある日、彼のもとに弁護士が現れ、ピップが匿名の人物から莫大な遺産の相続人に指定されたと聞かされる。風変わりな条件に従い、「紳士」になるためにロンドンに旅立つピップ。

期待と夢に胸を膨らませて訪れたロンドンで待ち受けていたのは、良いことばかりではなかった。

人生の荒波に揉まれ、揺れる感情を持て余しながらも着実に歩みを進めるピップ。

 

・・・これは、いわゆる一人の少年の成長物語といえるのかな。

とはいえ、ヘレナ・ボナム・カーターの期待通りの怪演や、その他のユニークな登場人物達、演出の妙味で単なる成長物語の枠を超え、ファンタジーやミステリーテイストも加味された重層的な作品に仕上がっていると思う。

成長したエステラが綺麗だったな~。

演じていたのはホリデイ・グレインジャーという女優さん。

赤毛の映える陶器のような白い肌、丸みを帯びた顔が実に愛くるしかった。

過去にテレビドラマでボルジア家の長女ルクレツィア・ボルジアを演じて注目されたとか。

ルクレツィア・ボルジアといえば、塩野七生さんのデビュー作「ルネサンスの女たち」に出てくる登場人物の一人。

大学生の時分、ツアー旅行でイタリアに行ってかぶれたわたしは、一時期、塩野さんの小説を何冊か立て続けに読んだ。面白かったな。

余談だけれど。

袖振り合うも多生の縁、か。

少し前の話。

わたしは、かれこれ十七年ほど前に愛犬ブログを始めた。

生まれて初めてのブログだったこともあり、最初の数年間は面白くて熱心に投稿していたけれど、仕事が忙しくなってアップアップしてきた頃には次第に投稿回数も減り、ほぼ季刊誌のような扱いになった。

そんな適当ブログに最初から最後までコメントやいいねを送り続けて下さった方がいる。

信じられないでしょう?

わたしは信じられない。

でも、そのような方がおられた、しかも二人も。

そして、そのうちのお一人が、昨年、天国へ旅立った。

ブログ上で袖が触れ合った程度の縁ではあるが、わたしもわたしなりに大切に感じていて、時折ブログを覗いては、未読の記事もすべて拝読し、コメントを入れたり、いいねを押したりしていた。

泡沫のようなブログ上での触れ合いの中、十数年以上にもわたり切れずに続いた縁だった。

愛犬ブログに闘病記が混じるようになり、それでも治ると信じて疑わなかった。

しかし、昨年の春、お部屋に飾られた梅の花の画像を載せた記事を最後に更新が途絶えた。

一カ月経っても、三か月経っても、半年経っても最初に目に映るのは梅の花

「まさか」が「もしかして」に変わり、一年が過ぎた頃、もはや定期的に訪問することが習慣と化したブログを覗いてみると、そこには久しぶりだけれど見慣れた犬の画像があった。

溺愛していた最初のお嬢さんを亡くした後に引き取った、二頭目のお嬢さん。

元気そう。

お父様からブログを託されたという(人間の)娘さんによる久方ぶりの更新。

相変わらず賢そうな面持ちの美しく愛らしいお嬢さんが窓の外を眺めている。

手入れの行き届いたお庭で育まれた四季折々の命を、折に触れ、ブログ上でシェアしてくれた。

お嬢さんと一緒にしょっちゅうお庭で過ごされていた。

大仰な表現もなく、意図的な画像もない。

それでもその愛情の深さが液晶画面から溢れ出してくるのが常だった。

十数年にわたり、我が息子のことも気にかけてくれた方である。

ブログを更新してくれた娘さんやご家族の心中察するに余りある。

更新、感謝。

 

とても寂しい。